Japanese/English

研究内容

デジタル情報は伝送・記録をする際に,物理的な外乱の影響によって,その一部に誤りが生じることがあります. 誤り訂正符号はデジタル情報に生じた誤りを検出・訂正する技術で,通信システムや記録システムをはじめとする多くの情報システムで利用されています.

本研究室では,高性能な誤り訂正符号の構成とその応用を中心に研究をしております.加えて,誤り訂正符号の理論である符号理論に関する研究をしております.

ニュース

詳細はこちら

▼ 2019年度
▼ 2018年度
▼ 2017年度
▼ 2016年度
▼ 2015年度